« 日経新春杯 | トップページ | 引き金 »

2017年1月25日 (水)

ツララ

今持っている売却予定の車にこの程度の価格では売れないと思うような査定を算出して示されたときには、それなら売るのは止めると言うこともできるのです。
中古車見積もりを依頼したとしても、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。
はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えるとそのときから、もっと値段を上げてもらえる可能性が高まるかもしれませんし、ほかの店舗に行けば今よりもずっと高い見積もりを出してくれるかもしれません。
自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。
幾らかでも安く買い取りを行って、少しの値段でも良いから高く売却するのが実際にプロと呼ばれるに相応しい中古車店の社員でしょう。
プロの営業マンのセールストークをまるっきり信用してしまうのも考え物で、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。
自分の車の現時点での相応しい査定金額が大体このぐらいの金額になると確認しておき、相場価格よりも安く提案された際に自分から交渉する心構えをしておくとプロの売り文句に惑わされにくくなるでしょう。
これから車を中古車として売るならやるべきことというと、二つほどあり、ネットの査定サイトをうまく使ってとにかく最新の相場を知ることが不可欠です。
相場に関する知識もないまま取引すると、足許を見られて買い叩かれる危険性もありますから、事前調査は欠かせません。
机上調査と対照的に体を動かすこととして、次は掃除です。
ボディは埃を落とす程度に洗車してあればOKですが、車内は今までにないほど丁寧に掃除しておきたいです。
拭ける部分は拭きマット類は洗ってよく乾燥させましょう。
臭いがあると査定で減点されるのは間違いありません。

ご立派すぎるツララから、なんか垂れてる
これは投稿者が雪原を走っていた際、タイヤハウスで偶然見つけた「ツララ」を撮影したものだ。画像を見ると、驚いたことにその形状は男性のアレとよく似ており、投稿者は形が立派すぎて思わず笑ってしまったという。これを見て「ウケる」「萎えてるw」など爆笑してしまう人も多かっ (続きを読む)


« 日経新春杯 | トップページ | 引き金 »

スポーツ」カテゴリの記事