« 小春日和 | トップページ | ピコ太郎 »

2016年12月 2日 (金)

ふるさと納税

車買取と下取りのどちらがいいか考えてみたとき、下取がいいと思う方も少なくはないでしょうね。
確かに、下取りの場合なら欲しい車を愛車の下取りで購入額からディスカウントをできますし、買取手続きも購入手続きも一括でまとめてできるので簡単です。
しかし、単に売却価格だけを考えると、車査定の方が高い事が多いのです。
車を高価な値段dえ手放すのであれば、下取りではなく買取を選択したほうがよいです。
買取りを選択したほうがよりプラスになる可能性が高いです。
さらに、事故車や故障車などを売却希望の折には、下取りにすると評価が低いため、得をするどころか、廃車費用の請求をうけることもあるでしょう。
ですが、買取りを選択するなら専門業者をきちんと見つければ、正式に買取をしてもらうことができるのです。
車の査定についてですが、出張査定はそこそこ人気のようです。
業者に来てもらえるのでやはりとても楽で、当たり前ですが運転しないからガソリンも減らさずに済みます。
しかし、勧誘を断れないなど交渉事が苦手なら自宅に業者を呼ぶスタイルの主張査定よりも、自ら業者側に運転していって査定してもらうのが良さそうです。
業者に対して遠くまで足を運ばせてしまった等、申し訳ないような気持ちになると、買取を断れなくなるかもしれません。
業者が中古車の下取りをするのは、次の車を購入してもらうための奉仕的なものといえるでしょう。
古い車を、車買取業者に買取を依頼した時のように、中古車の型式やカラー、追加要素等のポピュラリティの有無は下取り金額にはあまり影響はありません。
業者へ下取りに出すより前に、何社か中古買取ディーラーの査定の結果をみて、相場を認知しておきましょう。
どんなケースでも車の査定は走った距離が短いほど査定の額が高くなります。
走行距離が長ければ長いほど車の状態が劣化してしまうからです。
そうはいっても、走った距離のメーターに細工をするとそれは詐欺となってしまうので、走ったものは諦めましょう。
この後からは、車を売ることを頭に入れておき余計には走り過ぎないようにした方がいいと思います。

宮崎市、ふるさと納税刷新
宮崎市は1日、ふるさと納税制度「宮崎ふるさと愛寄附(きふ)金」を刷新した。新たに公募で選んだ23事業者の52品を返礼品に加えたほか、生産者の声を掲載する市独自のふるさと納税特設サイトを開設した。市の魅力発信や返礼品のPRを通じ、地域経済を活性化する。(続きを読む)


« 小春日和 | トップページ | ピコ太郎 »

スポーツ」カテゴリの記事